FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名のない歌 PART1(エッセイver.)

今日、韓国で発売されたJYJのミュージックエッセイ、『their rooms 僕たちの話』。メンバーの正直なエッセイが載っています。私も今日手にして、これからじっくり読んでみたいと思っています。

さて、先週末に先に手にした韓国のファンの方が、ユチョン作詞・作曲の『名のない歌 PART1』の歌詞をネット上にアップし、日本語に翻訳したものもアップされましたので、ご覧になった方もいるのではないかと思います。

ある方から、雰囲気はわかったけどきちんと翻訳されたものを見たいというリクエストをいただきましたので紹介します。できるだけ歌詞のニュアンスを活かしたつもりですし、日本語として意味がちゃんと伝わるようにしました。

これはエッセイに載せられたバージョンの歌詞です。ある営業社員の内容の歌詞になっていますが、言いたいことは分かるのではないでしょうか。

明日、CDバージョンの歌詞をアップします。



----------------------------------------------------------------------------

名のない歌 PART1(エッセイver.)


こんな話をしたことあっただろうか

2003年、数ヶ月のインターンの期間を終えて、
チームのメンバーたちが初の課題を軽々とこなした僕たちは
2004年、今月の社員、数多くの最高実績、それだけじゃ満足できなかった僕たちは
我慢できずにより多くのものを願い始めた

2005年、海外進出、韓国でのように全てがうまくいくと思っていた
初の挑戦、最悪の実績を記録して、その頃から自信は墜落してしまった

うまくできない言葉
毎日、寮と会社だけ
僕たちのためだという自由を偽った拘束

あまりの孤独と涙と怒り
これが僕たちを一つにして
もしもどんなことがあっても一緒にいようと
いつも一緒にいようと

互いに良い面だけ見習おうと
心に決めて走っていった僕たち

ついにある日、あんなにも心から願ってきたトップになった
各自が携帯電話を手にして家族と友達に連絡したんだ

その日が近づいたんだ
あの頃から全てがうまくいき始めた

数十万件の実績、賞という賞は全部総なめして成果を実感した
涙は流れてもなめらかに落ちていく気分

どんな喜び、悲しみよりも幸せだった理由
最後まであきらめずに走ってきた僕たち
どんな強さよりも強い、やっぱり一つだという理由

もう変わってしまったお前に(常にその場に立つことはできない)
先に背を向けるよ(常に涙を流すこともできなかった)
段々遠ざかるお前の名前だけを呼んでみるよ(あの空の向こうまで僕を飛ばして)

ずい分と走ってきたのか
思いもよらなかった大きな壁に隠されて
こんなにも暗かったのかという思いがしばらく頭の中から離れなかった

一度はこんなこともあった
増えていく営業費に、増えていく借金に
一人ではどうにもできなかったから

以前、社長が言ってくれた言葉
必要なことがあれば言いなさい、我われはいつも家族なんだから

何でも必要ならば言いなさい
その言葉に勇気を出して、電話をかけて頼んだ

何か変な感じがしたが、頼れるのは社長だけだったから
僕たちは永遠に共にする、そんな家族だから

勇気を出して頼んだけれど、返ってきたのは冷たい断りの言葉だけ
その言葉にとても腹が立ったけど、我慢してもう一度お願いした

電話を切った

流れる涙を止めることはできなかった
僕がこれまで信じてきた家族じゃないという思いで頭が混乱した

僕たちを必要とするときは家族、僕たちが必要とするときは他人

時が経つほどに理解できないことばかり増えていく気分
ついに海外で大当たりし、想像もできなかった実績をあげたと聞いて
軽い足どりで給料日に会社に行った

チームのメンバーたちは互いに興奮した視線で互いを見つめ合った
頑張ったと互いをほめ合った

その時受け取った精算書には、実績がマイナス
見間違えたのかと思って確認し直してみたら
全てが経費だ
何なんだ、あんなに多かったのが全部経費で引かれた
一体、あんなに多かったのが、どんな経費を引かれて消えてしまったのだろう?

どうしても信じられなくて精算したことのない精算の内訳を見せてほしいと言った
わかったと、見せてくれると、そうして何枚かの内訳を結局は見ることもできず仕事だけした

時間が経てば経つほど知りたいことが増えていき
チームのメンバーたちは頭を寄せて考えれば考えるほど頭が痛くなるばかり

最後に一言だけ言うとすれば
会社のためにした仕事が
本当に、心から会社のためのことだったのか?

ああ、そういうことにしよう。物分りのいい僕たちがそういうことにしてやろう
それでも、数年間共にしてきた僕たち、会社のために忘れてやる
それでも、それはないだろう。僕たちにそう言うべきではなかったんじゃないか

最後まで僕たちを傷つけようと決め込んだのか?
かかってきた電話に話の内容はチームのメンバーたちの悪口、本当に信じられなかった

先輩たちの話の通りだ、稼ぐやつは残しておきたかったのか?
会社が言う家族に、会社を出るとつらくなるという言葉を言った

その上司の言葉が頭から離れない

もっと言いたい言葉はたくさんあるけど、この歌が出たら
誰かが僕たちをもっといじめるだろうと思うと、腹が立ってこれ以上は言えない

とにかく、僕たちはつらいけれど、頑張ってうまくやっている
誰かのいじめにも、本当に笑おうと努力している

これは絶対に僕たちが商品としての努力じゃない
人間として、僕が死ぬ日
後悔したくないという努力であるだけ

そうさ、結局はJYJ

昨日と明日、一日中考えても
あの頃と今の違いを感じられる25、僕の歳

この辺でペンを置こうと思う
でも、今僕の気持ちは楽だ

ファンの愛を感じられるから…
心の片隅に積んであった荷物を降ろそうと思う
たやすいことはないというけど、気持ちは楽だ
僕たちはファンという家族を得たから幸せだ
いつも皆のことを思っている…
愛してる

だから、最後まで僕たちを信じてくれるだろうか
愛してるって言ってくれる?
いつまでも僕たちは努力するから、いつも僕たちの側にいてくれる?

まだ僕たちには皆がいるから
皆には僕たちがいるから

約束する、全てをかけて見せてあげる
そう、僕たちはJYJ

「城壁を高くして 門も堅く閉ざした
愛は拘束しないものだって
愛は自由に放してあげること
それまでは願いもしない
その半の半の半分にも満たない
お前たちが作った僕たちは 永遠の井の中の蛙」
(ミュージカル『モーツァルト!』の台詞から)

まだ話したいことはたくさんあるけど
今日はここまでにするよ





翻訳 : かずみ@韓国

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

はじめまして
記事読ませていただきました。裁判関連の記事なども分かりやすく翻訳してくださり、疑問だった点も理解することができました。ありがとうございます。^^
私は、JYJファンと新東方神起ファンがお互いを非難しあう今の現状を心苦しく思っています。
今の状況は、韓国の芸能界のシステム上の問題も大いにあり、決して個人が非難されるべきではないのにも関わらず、メンバーに非難が集中しているように思います。特に、韓国ではユノがひどいバッシングを受けていると聞きました。どういった経緯でユノがバッシングの対象になったのか、ずっと疑問に思っていました。もしお時間がございましたら教えてくださいませんか。よろしくお願いします。
Posted at 2011.01.25 (00:17) by さゆ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.25 (00:45) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.25 (03:46) by () | [編集]
過酷な悲しい現状。
かずみさん、詳しい情報ありがとうございます。 JYJが好きで、こんなにピュアで実力と努力の子達がいたのかと、惹かれっぱなしでした。
しかし、今の置かれている過酷な状況が なんとも 悲しいです。日本の20年~30年前の芸能界と同じ状況です。これだけ世界情報が簡単に手に入る現在、お国柄事情もあっても 「家族」で 我慢させ 納得させるには、あまりにも 理不尽です。 こうして問題が明るみに出る事により 遅れた韓国芸能界の改善点がわかり、市場の大きい日本を相手にするなら、率先して変えるのが、韓国の為にもなるのですが。。。 何より やっとJYJが 立ち上がってくれたのです。彼らや、他の芸能人のためにも 今 変わらないと、芸能界は人気歌手を持った事務所のための物になります。芸能人は道具になります。
韓国芸能界も韓国内だけでしたら、「井の中の蛙」で済んだかもしれませんが、外国を知り、情報や理不尽さが露呈されれば疑問を持つのが 当たり前だし、内容が未来が無い悲しい過酷な契約は、迷う事無く改善されるべきです。
過酷さは、かずみさんの情報で知り、JYJを批判している方々は 真実を知るべきです。
韓国芸能界も搾り取るから、育てるに変わって欲しいです。
いつも的確な情報 ありがとうございます。感謝します。
Posted at 2011.01.25 (08:43) by フジコです。 (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.25 (11:14) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.25 (18:16) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.25 (19:22) by () | [編集]
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

この噂は私も初めてです。今回のユチョンの歌詞を見ると、その噂が本当だったのかもと思ったりもしますが、東方神起に関してはこういった噂話が多いので、確かな情報ではない限り、あまり信じないようにしています。
Posted at 2011.01.25 (22:30) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
Re: 過酷な悲しい現状。
フジコさんの書かれた通り、こんなにピュアで実力があり、努力する子たちです。とにかく応援してあげたくなますし、成功してほしいと思います。

韓国のエンターテイメント産業は、大きく発展はしてきました。いい音楽、いいコンテンツを創り出しているのは事実です。でも、その裏側は昔の労働力搾取の時代のままです。しかも、所属芸能人が少しでも異議を主張すると、芸能企画社たちは大騒ぎします。どうして芸能人を管理するシステムを外国から学ぼうとしないのでしょうか。

JYJの行動は、韓国の芸能界に必ず何らかの新しい風となってシステムが改善されるだろうと思っています。また、少しずつですが改善されるのを見ると、やっぱりJYJの勇気ある行動がこうして実を結ぶんだと、嬉しく思ったりしています。
Posted at 2011.01.25 (22:40) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.25 (23:05) by () | [編集]
メンバーへのバッシング
コメント、ありがとうございます。

韓国ではユンホがひどいバッシングを受けているという噂はどこから聞かれたのでしょうか。韓国の一般的なファンの間では(2人のファンとか、3人のファンというよりも5人の東方神起のファン)、ユンホがバッシングを受けているという話は聞いたことはありません。

2人が精神的につらくて、自殺を考えるほどだという話は聞いたことがありましたが、それもファンからのバッシングのせいというよりも、今の東方神起が二つに分かれてしまった状況に対するつらさなのだと思っていました。

こういう噂はあまり信じなくてもいいと思います。
Posted at 2011.01.25 (23:35) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.26 (00:11) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.26 (00:21) by () | [編集]
625の音声ファイルについて
コメント、ありがとうございます。

ユンホとチャンミンのファンの方々が3人と3人の家族をすごく非難していることは、私も知っています。もちろん、私の知らないところでユンホがバッシングを受けているのかもしれませんが、私のような一般的なファン(SMと連絡をとってたりとか、メンバーの家族と面識があるとかいうことのない、ネットを通してのみ情報に接しているファン)の立場では聞いたことはありません。

それから、625の音声ファイルについては、今後機会があったら私のブログでも取り上げていくつもりです。
Posted at 2011.01.26 (18:57) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。