FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04年メンバーたちの保護者が作成した決意書

04年11月、1枚目のアルバムの3rd ストーリーブックが発売されました。そのストーリーブックの中に、このような文章が書かれていました。

「これから僕たちは、『東方神起』の一員として共にグループ活動するだけでなく、新しい姿をお見せするためのプロジェクトを準備していますが、メンバー各自の魅力をより一層繰り広げていけるソロ活動をしたり、現在も頑張ってトレーニングを受けている仲間たち(ヒョクチェ、ソンミン、ヒチョル、ジョンウン、ギボム、シウォン)とチームを結成して活動することもあるでしょう。 (中略) 中国で活動する時には中国人メンバーを補強して活動する計画も持っています。」(翻訳 : かずみ@韓国)


この3番目のストーリーブックが発売された当時、既に新人としてはかなりの人気を得ていた東方神起です。音楽番組で何度も1位になり、固定ファンもかなりいた時期にこのような文章が書かれていたのです。これはつまり、5人のメンバーたちだけでグループ活動を続けていくという計画ではなく、トレーニングを受けている仲間たち(上のカッコ内の名前は、今スーパージュニアとして活動しているメンバーたちの名前です)とメンバーが交代する可能性がある、プロジェクトグループやユニットとして活動する計画がある、という意味ですから、ファンたちは何これ?と思ったことでしょう。

私はこの頃、ファンではありませんでしたので、この当時の詳しい状況については、はっきりとはわかりません。ただ、その当時の資料など調べてみると、このいわゆる「ローテーション」はファンとしてはかなり切迫した事態だったようです。



まあ、誰がローテーションの対象だったのかはともかく、このSMのローテーションの計画を阻止させようと、ファンたちとメンバーのご家族の方々はかなり積極的に行動したようです。SMはローテーションについてかなり強硬な立場を示していたようですが、ファン、ファンサイト、そしてご家族の方々が動いて、ローテーション自体を無効化させることに成功したと、当時のファンの方は憶えています。


東方神起のユンホの父親が立場を明らかに
2004.11.30

解体説で落ち着かない東方神起の問題が、新しい局面を迎えている。

(2004年11月)22日、東方神起の親たちは、『http://www.only5tvxq.com』という東方神起解体反対サイトに投稿し、解体説についての立場を明らかにした。

最初、この文章がアップされた時は、メンバーの親が直接書いた文章なのかについて疑う雰囲気だったが、ファンサイトのマスターが論理的に確認をし、この文章が本物であることが立証された。

このマスターは『連合ホームの公示に掲示されているメンバーのご両親の文章は、ご両親の意思を集めてユンホ君のお父さんが直接作成された文章です。ご両親が文章をアップされる前、連合の方に事前に連絡があり、内容に対する説明をしてくださいました』と、文章に対する確実な保証をした。
(後略)

(ゴーニュースの記事より一部抜粋、翻訳 : かずみ@韓国)



当時、こうしてニュースでも報道されていた通り、ローテーションを阻止するためのファン連合サイトが作られ、そこにメンバーの家族代表としてユンホ君のお父さんが文章を投稿したとのことです。



そして、5人のメンバーの保護者である家族の方々が、SMを相手に決意書を作成します。


ketuisyo.jpg
(この決意書の写真の出処は以前のDNBN(ドンネバンネ)の管理者であるピョルさんが、以前のDNBNのドメインをそのまま利用して作ったサイトからのものです。この方は、09年6月に東方神起の事態が発生する前後にSM関係者やメンバーのご家族と直接会って、その頃の状況を紹介しています。この写真はその過程で入手したものだそうです)


(写真に見える本文の内容)

我われ東方神起の父母一同は、1集(1枚目のアルバム)のストーリーブックに書かれた今後の東方神起のメンバーたちの活動と、東方神起のメンバーたちの追加公正に関する会社側の立場について、下記のように決意する。

下記

1. 東方神起の各メンバーたち(以下、甲という)は、未成年者として民法的な権限がないため、SMエンターテイメント企画社(以下、乙という)との契約の当時、契約に関しては親たちと共に契約を結んだ。

2. 契約当時、メンバーに関する会社の内容説明は、東方神起のメンバーは現在メンバー5人(チャンミン、ジェジュン、ジュンス、ユンホ、ユチョン)で構成し、国内活動のみならず日本・中国・その他の海外活動をするためのドリームチームとして構成されたのであり、海外活動のために海外提携企画社が長期間の契約を願うということから、親たちはこの言葉を信じ、期間を延長する再契約を結び、その期間は13年だ。

3. 「甲」は今まで1年間、東方神起チームとして活動し、今の人気チーム・・・

(写真にはこれ以下の内容は見えません)


父母たちの決意

1. 「甲」の父母一同は、契約内容に反する一切の「乙」の行為を認められない。

2. 今日の東方神起は「甲」と「乙」の共同努力により成り立ったものであるため、どちらか一方の占有物となってはならず、利害当事者の善意の合意によってのみ、メンバー変更および名称の変更ができることを明らかにしておく。

3. 「甲」の父母一同は、「乙」に、最初「甲」と「甲」の父母たちに説明した通り履行してくれることを強力に要請する。

4. 「甲」の父母たちは「乙」に通知してから3日以内に、東方神起の構成および運営に責任のある者(イ・スマン先生、キム・キョンウク社長)に有効な返答を要求し、不誠実な場合は契約違反の全ての責任は問題を起こした「乙」にあることを告知する。

5. 4項の場合、民・刑事、行政的な責任は「乙」にあることを告示する。

6. 「乙」により発生したことではあるが、「甲」およびその父母たちは今日の事態に対して、東方神起を愛して応援してくれるカシオペアのファンたちの国民たちに申し訳なく思い、「甲」と「甲」の父母一同は非常に胸を痛めております。


2004. 11月20日

チャンミンの法定代理人 : 住所
             名前 シム・ドンシク
ジェジュンの法定代理人 :住所
             名前 キム・ボンヒョン
ジュンスの法定代理人  : 住所
             名前 ユン・ヨンミ
ユンホの法定代理人   : 住所
             名前 チョン・ヤンヒョン
ユチョンの法定代理人  : 住所
             名前 チョン・ミョンオク

(翻訳 : かずみ@韓国)




この決意書は、ユンホとジュンスのお父さんが中心となって、東方神起のメンバーの交代、ローテーションすることなく、デビュー前に結んだ13年という契約期間の間は東方神起としてのグループ活動をメンバーたちに保障してほしい、という気持ちで作られたものです。

結果的に、ローテーションはありませんでしたし、5人のメンバーがそのまま東方神起として活動したことは、皆さんご存知の通りです。



そして、この決意書の存在を知ったファンの中には、この当時にこうして親たちが13年という期間を約束し決意書を作成したのに、どうしてメンバーたちは自ら13年という期間を守ることなく訴訟を起こしたんだ、ということを指摘する人も多くいます。

もちろん、この決意書の内容からすれば、そう指摘するのも間違いではありません。でも、この決意書が作られた趣旨は、どこまでも会社の方針で一方的にメンバーを交代させたり解散させたり、または名称を変えたりなどのことはしないでくれ、というものだったのであり、会社が海外進出を念頭にして13年という長期の契約を要求し、それを信じて13年という契約を結んだのだから、会社もその13年という期間を守るべきだ、というものだったのだと、思います。そして、その前提には、「今日の東方神起は「甲」と「乙」の共同努力により成り立ったものであるため、どちらか一方の占有物となってはならず」という内容があってこそなのです。でも、訴訟を起こした背景には、もう既に東方神起というグループの活動はメンバーたちの意思や要求は全く受け入れられない、会社の所有物のようになっていたのですから、お互いの間の信頼関係も壊れていたのです。決意書の内容は、もう意味のないものになってしまったと言えるのではないでしょうか。



この決意書は、公式に報道された内容ではなく、あくまでメンバーたちのご家族とSMとの間での内容ですが、これを接することにより、メンバーの家族はこの当時にこうして13年を約束していたのに、どうして仮処分の申請を起こしたのか、と思って失望する方もいるかと思い、取り上げてみました。

いくらメンバーたちが愛着をもち、大切にし血のにじむような努力をして、共に涙を流しながら活動していた東方神起であったとしても、会社から見れば、単なる所属歌手グループの一つでしかなかったのです。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

この時に13年という長い契約にならざるをえなかったのは、この5人東方神起を変えないが為で、それはすなわちローテーションで変えられるはずだったユノを守る為。だからユノのお父様も必死だったんでしょう。 言いたくないけど…色んな噂・嘘黙ってたことで、三人が酷いこと言われるのは我慢できません。相変わらず聞く耳持たないホミンペン、ジュンスのツイや義援金にまで口汚く言ってくるしまつ。ホミンにはなんにも言いたくないけど(ていうか興味なし)、いいかげん腹立ってきます!
Posted at 2011.03.18 (21:04) by ゆうこ (URL) | [編集]
3人も活動がままならない上に、自腹での出費もかさみ本当は大変なんだと思います。
そんな状況なのに、日本の為にいち早く気持ちを表してくれて感謝しています。

こんなことにさえ感謝ではなく批判する人もいるのですね。
心の貧しい人たちです。

こんな時だからこそ、人の気持ちの有り難さをかみ締めながら生きていきたいと思います。

大丈夫、神様はちゃんと見てくれていますv-410
Posted at 2011.03.18 (23:38) by いもペン (URL) | [編集]
ゆうこさま
聞く耳を持たないファンの人たちは、どんな事実も自分たちなりに解釈して悪く言ってます。相手にする価値も感じられないほどですが、相手にしないでいるとどんどんと変な噂を流したり、まるで事実のように情報を作り変えて広めたりするので腹がたちます。

ありのままの情報やデータを通して、一つ一つ事実を固めていきたいと、私は思っています。

Posted at 2011.03.19 (00:16) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
いもペンさま
本当に、3人は人が良すぎるというか、あまりに自腹を切りすぎていて、ファンがそこまでしなくてもいいのにと心配しているくらいです。

去年のアメリカのショーケースや韓国でのコンサート、先日のファンミーティングなどもかなり出費しているのですから。

純粋に、その気持ちを受け取ってほしいものですよね。
Posted at 2011.03.19 (00:21) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。