FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年 8月 3人が願ったのは(3人の公式声明文)

09年7月31日、3人のメンバーはSMを相手に専属契約効力無効仮処分の申請をしました。今の東方神起の事態の始まりです。(実質的な始まりはもっと前から、メンバー達とSMとの間であったのでしょうが)

ファンの間では、いろいろな説や噂が流れていたり、ファンだと言いながらもメンバーを非難したりする人がいたり。1幕の東方神起が好きだった私としては、とてもつらい現状です。

裁判の話や、3人のメンバーに対する様々な噂についてこれから取り上げていこうと思っていますが、まず、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人は何を願っていたのか、どうしてSMを相手に訴訟を起こそうとしたのか、そこから始めようと思います。

下記は3人が仮処分の申請をした後の09年8月3日に発表された、公式声明文(立場文)の全文を翻訳したものです。

初めて目にする方もいるでしょうし、もちろん読んだことがある方もいると思います。今、ここでもう一度3人が本当に願っていたことを確認したいと思います。

これを読むと、3人は決して東方神起から脱退(解散)する気持ちはなかったこと、行動を起こす前に何度もSMと解決しようと試みたこと、化粧品事業が話題になったりもしていますが決してそれが本質ではないことがわかります。

私のブログでは、メンバーたちが直接語ったこと、そして客観的なデータ、ファンではない第三者の立場の方の意見などを元にこの問題に接近していきたいと思っています。

3人のメンバーが公式に発表した声明文(立場文)です。今一度、確認してみてください。



--------------------------------------------------------



# 1. デビューしてから5年間、3人のメンバーは会社が一方的に決め、進めたスケジュールにより身も心もとても疲れきってしまいました。

キム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョンは、グループ東方神起のメンバーとして2004年の初めにデビューしてから今まで、SMの指示に従い韓国・日本・中国を行き来し、1年に1週間を除いて1日3~4時間程度の睡眠時間しか持てないままスケジュールを消化しました。その過程で3人は、健康はとても悪化し、精神的な疲労感もまた限界に達しましたが、SMは東方神起の海外進出を試みながら、更に無理な活動計画を一方的に立てました。結局、上記の3人はこれ以上SMではアーティストとしての夢を実現するより、会社の収益を創り出すための道具として消耗されてしまうものと判断し、各自のビジョンに従った芸能活動がしたいと願うようになりました。

# 2. 13年という専属契約の期間は、事実上の終身契約を意味しました。

しかし、専属契約では契約期間が13年であり、軍の服務期間を含む場合は15年以上となります。今後も10年近い時間が残っており、事実上芸能界を引退するまでを意味しています。また、専属契約を解除する場合は総投資金の3倍、逸失利益の2倍に該当する違約金を負担しなければならず、合意して契約を解除する場合にも違約金を払わなければならないようになっています。数千億ウォンに達することもあり得る違約金の条項により、契約の解除も事実上は不可能であったため、SMに束縛されるしかありませんでした。

# 3. メンバーたちはSMから努力に見合うだけの待遇を受けることもありませんでした。

だからといって、メンバーたちが契約期間にSMからそれに見合う待遇を受けたわけでもありませんでした。契約金がなかったのはもちろん、専属契約上で音盤収益の分配の条項を見ると、最初の契約では単一アルバムが50万枚以上販売された場合にのみ、その次のアルバムの発売時にメンバー1人あたり1,000万ウォンを受け取るだけでしたし、販売枚数が50万枚以下の場合は一銭も収益を配分してもらえないようになっていました。この条項は2009. 2. 6.になって改正されましたが、改正後もメンバーがアルバムの販売により受け取った収益金は、アルバム販売量により1人あたり0.4%~1%に過ぎません。

# 4. メンバーたちは不当な契約の是正を何度も要求しましたが、SMはメンバーたちの意見に耳を傾けませんでした。

こうした状況で、3人はSMに専属契約の不当性を指摘し、専属契約の効力から抜け出して各自のビジョンに伴った活動ができるようにすることを数回にわたり要請しましたが、SMは今回の件とは何の関係もない化粧品事業の投資を挙げて本質をごまかすだけでした。それにも関わらず、3人はできるだけ円満に、皆が共存できる道を模索しようと、最終的に双方が会って会話を通して最も円満な事態の解決策を導き出せるよう、協議の場を開いてほしいとまで要請しましたが、SMはこれさえも応じてはくれませんでした。ここに至る一連の過程でSMが見せた態度は、これ以上会話を通し解決する希望を持つことは無意味だという結論に至り、結局3人は裁判所にこの問題の解決を訴えるに至りました。

# 5. 化粧品事業の投資は芸能活動とは関係のない財務的な投資であり、今回の仮処分の申請とは全く関係がなく、この事件の本質は専属契約の不当性です。

一方、SMではメンバーたちが化粧品事業の投資により今回の仮処分の申請をしたと公式的に発表しましたが、メンバーたちが化粧品事業に投資したのは今回の仮処分の申請とは全く関係がありません。SMが話題にしている化粧品事業は、中国に進出している化粧品販売会社に3人が株主として投資したもので、芸能活動とは全く関係のない、財務的な投資であるだけです。常識的に考えてみても、中国に進出しようとしている化粧金会社に1億ウォン程度の金額を投資したことにより、これまで東方神起として築き上げてきた成果の全てを放棄せざるを得ないかもしれない今回の件を敢行したということは、誰も納得することはできないはずです。メンバーたちが提議している問題の核心は、専属契約の不当性であり、SMは契約と全く関係のない化粧品事業を取り上げて、問題の本質をごまかそうとする試みを直ちに中断するべきです。

# 6. メンバーたちは決して東方神起の解散を願ってはおらず、不当な契約の束縛から抜け出そうとしているだけです。

多くのファンの皆さんには、今回の仮処分の申請により東方神起の解散を心配している方もいらっしゃると聞きました。ですが、今回の仮処分の申請は絶対に東方神起の解散を前提にしたものではありません。今はたとえ問題の解決方法に対する見解の差により、3人だけが訴訟に参加していますが、メンバー間の仲には何も問題がなく、いつまでも一つだというファンとの約束をまもろうとするメンバーたちの気持ちは変わりありません。今回の件で契約の不当性が是正され、思うままに僕たちの音楽ができる条件が備われば、皆が一つになりファンの皆さんの前に立てるものと信じ、勇気を出したのです。

# 7. より成熟する契機といたします。

東方神起を応援してくださるファンの皆さんには、3人の今回の仮処分の申請でとても驚き失望されたのではと思うと、胸が痛く申し訳なく思いますが、より大きな夢のための跳躍だと思って応援してくだされば、より立派に成熟した姿で、皆さんのご声援に応えることを約束いたします。


翻訳 : かずみ@韓国


スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ありがとう
かずみさん、全訳ありがとうございます。
かずみさんの貴重なお時間を使っての作業
お疲れだったと思いますが、綺麗な日本語訳なので、
すんなり頭に入りました(翻訳機は難しいですネ)
これからも参考にさせていただいて、自分なりに
考えていきたいです。
Posted at 2011.01.16 (01:57) by さくら (URL) | [編集]
No title
最近の報道を見ているとJYJ対東方神起の図が目立つようになりました。JYJはSMと戦っているんであって、何だか話がそれているように感じていたんです。
改めて訳してくださった文章を読んでJYJの思いは一貫していると感じました。
韓国語を勉強中でいつもわからない部分に四苦八苦している私にとってはとてもわかりやすい訳に尊敬しちゃってもいいでしょうか?^^
これからもよろしくお願いします!
Posted at 2011.01.16 (11:02) by ゆんにん (URL) | [編集]
ありがとうございます。
先日偶然にこちらのブログを拝見しました。とても詳しく書いて下さってありがとうございます 今はなぜ東方神起がこうなったのか、、本質が見えなくなってて 悲しい事なっています今の姿は本人達も私達ペンにも想像つかなかったと思います(泣)3人が悪く2人が良い、ではなく(その逆も)5人がなんの迷いもなく また5人になれるように…いい方に事が進む事を願っています。。18日には少し展開が見られればいいですね。。
Posted at 2011.01.16 (23:46) by チハル (URL) | [編集]
はじめまして。
14日に初めて訪問しました。
とてもわかりやすい記事と訳、
ありがとうございます。

韓国でデビュー後、
ずーっと多忙だった彼等。
過酷なスケジュールで5人全員が精神的肉体的に
極限状態だったのだなぁ、、、思いました。

3人が親同然の会社を相手取って起こした裁判、
まさに人生を懸けた決断だったわけで、
大変な行動だったと思います。
(法的措置をとることは最終手段ですから。)

個人的な見解としては、
3人が会社の不当な契約に縛られたり、
言いなりになる必要など
一切ないと思います。

裁判がなかなか進まないようですが、
早く良い方向に進展してくれたらなぁと思
っています。
Posted at 2011.01.17 (01:23) by yoc (URL) | [編集]
当然な事、すごく勇気がいる行動。
こんにちは、かずみさん。貴重な情報ありがとうございます。これを読んだら、誰もが JYJの行動は 成る可くして成った事がわかります。問題がずれて討論している方々がいますが、当人達の苦しみや、同じように苦しんでいる仲間?を見かねて 立ち上がった部分もあり、見直されるべき問題は この契約内容であって 今更 三人が二人がと別々の道を歩き始めた彼らを ファンが卑下しあうのは 論外です。

まずは JYJの判決で韓国芸能界の変化が どこまで 追い付いて行けるかですね。
日本やアメリカ等の情報が錯綜する中、閉鎖的な考えは むしろ 突破しなければならない所まできています。
今は10年後、20年後のビジョンをもっていかないと 先が見えないと思います。
今やっとJYJが突破口を開こうとしています。
日本も同じように経緯を辿って来たのですから、後に続く後輩達はJYJに感謝する事になりますよ。
本当に 的確な情報を ありがとうございます。
感謝しています。
Posted at 2011.01.18 (13:39) by フジコです。 (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。