FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェジュンに関するヨ代表の文章

以前、私のブログでジェジュンのバースデイブックに載った、JYJの広報を担当しているプレインという会社のヨ・ジュニョン代表の文章を翻訳して紹介しましたが、そのヨ代表さんがその時の文章に関して追加の内容を掲載されました。

その内容をまた紹介したいと思います。

あまり神経質に受け取ることなく、書いてあるそのままの内容を受け取ってください。



-------------------------------------------------------------------------------------

2011.04.05


ジェジュン君のファンサイトのうちの1つから私に電話がかかってきて
もうすぐあるジェジュン君のバースデイパーティのお祝いの映像に参加してほしい、という依頼がありました。

もちろん、私もお祝いはしたかったのですが
一つ間違えると
会社の広報に見えるかもしれないので
丁重にお断りしました。
良い意味で参加しても、誤解する人がいたりするものです。
何よりも、私はインタビューをするだけの位置にいるわけでもないですし。


ところが、この方から何度も電話がかかってきて
インタビューがだめなら
ジェジュン君に関する記憶を短くてもいいから書いてほしいというので
それだったら、時間の余裕があったら書きますよ、と答えました。


そういうわけで、ジェジュン君を思い浮かべてみました。
でも、実は思い浮かべるまでもないんです。
考えてみたら、プレインの実務者たちは毎日のように会っていますが
私はJYJの3人と会ったことなど、あまりありませんでしたから。

それでも、誕生日のお祝いには参加したくて
短い記憶を文章にして書いて送りました。

そうしたら
ファンたちがジェジュン君の誕生日のお祝いの本を作って
そこに私が送った文章が印刷されていたのです。
その文章はあっという間に広がっていきました。
(私はただ、バースデイパーティの場で映像として共有されるものだと思っていたのですが..)

ところで、その文章は一部が編集されて載せられていました。
私が「この機会に明かしたい」として書いた内容が編集されていたのですが
充分に理解できます。
ジェジュン君の誕生日プレゼントとして渡す本に載せるには、ふさわしくないメッセージでしたから。
下の文章のうち、太字になっている部分が、削除された部分です。

今日の午後、JYJのファンの方々が私の立場を理解してくださることを願って、この文章をもう一度紹介いたします。



  - - - - - - - - -


こんにちは、ヨ・ジュニョンです。

ジェジュン君のお祝いのメッセージを書く前に
まず、はっきりとさせておくべきことがあります。

多くの人たち、特にJYJのファンの方が誤解している部分があるのですが
この文章を通してはっきりとしておきたいのは
私はJYJの広報を担当しているのではありません。
もっと正確に言えば、よく言われているようにJYJの広報代行社であるプレインの経営者でもありません。

もちろん、私はプレインを創業した創業者であることには違いありませんし、
今も最大株主であります。

でも、私はプレイン以外にもいくつかの会社を所有しており
そういった会社のオーナーであるだけで
系列社たちの経営に関与してはいません。
あらゆる会社には、その会社に責任を持つ社長がいるのです。
また、各プロジェクトの責任を持つ責任者とチームたちも別にあります。


パク・ジソン、キム・ヨナ、JYJのようなスターたちはもちろんのこと、
サムスン、SKのような大企業や政府機関も
プレインと仕事しながら
私ではなく
プレインの職員たちと会い、仕事をするのです。


ですから、私は公的にJYJの3人はもちろん、どんな顧客社とも会うことはありません。



(ここから、ジェジュンのバースデイブックに載った内容が始まります。)


後でジュンス君と誰もいない廊下ですれ違ったのですが
たった30秒の、あいさつしたのでもなく、あいさつしなかったわけでもない、中途半端な間柄でしたので、本当にぎこちない雰囲気でした。
その日、会場にはあまりにも人が多かったので、彼がちょっと会った私の事を憶えているはずないだろうと思い、そのまま通り過ぎようとしたら、
ジュンス君、私に目礼をしながら、急にウィンクしたんです。

中略

12月のある日、私たちの社屋の1階にあるカフェで、また彼らに会いました。
1時頃に来るということでしたので、それじゃ昼食は準備してあげるから、食べないで来てくださいと伝えて、昼食の準備をしました。
ステークとパスタを準備したのですが、ジェジュン君がご飯が食べたいと言ったので、さしみ丼を作ってあげました。
特別に、私が直接厨房で作って、おいしく食べるのか見ていたのですが、
おいしいと言って、1杯きれいに全部食べてくれました。

5時間ほどいたのですが、途中にインタビューがあって
前にも書いた通り、会社の職員たちとは既に親しくなっていましたが
私は別に彼らと会話することはありませんでした。

2回だけでしたが、彼らと会って感じたことは、
ジュンス君は時間があるたびに歌を歌います。歩きながらも歌い、座っても歌って、常に練習しているようでした。
ユチョン君は時間が空くたびに、何かを書いているようでした。



(この後に、ジェジュンは好奇心旺盛であれこれと代表に質問していたというバースデイブックの内容です)


ジェジュン君との会話ではありませんが、
ジェジュン君がうちのカフェで記者に、このように話しているのを聞いたことがあります。
記事になったのかはわかりませんが
記者とインタビューの途中に、「これは記事にされては困る」といったようなことなく話したことなので
私が伝えても問題にはならないだろうと思うので
ジェジュン君が話した内容をそのまま書いてみます。

「日本で休む間もなく仕事をしていたら、丸1日の休暇をもらったことがあったんです。
それで、以前のメンバーに会いたくて、間に友達を通して約束をとってもらうよう頼んで
韓国に行ったんですよ。
1日しかない休暇で、韓国に行って、また日本に帰ってきたらそれで終わりの休暇なのに、
それでもどうしても会いたくて、充分に寝ないまま
飛行機に乗っていったんです。
でも、結局は会ってくれなくて、会えないまま、また日本に戻ったんですよ。」

記者にその話をするジェジュン君の表情が、忘れられません。
その表情から、ジェジュン君がどんな人なのかがわかりました。
話をするのも慎重にならざるを得ませんし・・・、詳しい内容はわかりませんが
ジェジュン君が以前のメンバーたちに会おうと、とても努力していたようでした。


  - - - - - - - - -

多くの人がご存知の通り、
ジェジュン君とはその後、1回ほど通りすがりに会いましたし、
急に私がいないのに、カフェにふいに訪ねて来てはプレゼントを置いて行きもして
ファンミーティングの時に会った時には
「お忙しいのに、わざわざ来て下さったんですか」と、とても嬉しそうにあいさつしてくれて
まあ、そんな感じでした。




この文章に付け加えて、一つ誤解を解きたいのは
プレインは約100社あまりの企業から、高額のお金を受け取りながら広報をしている会社です。

JYJの仕事は、それらの企業顧客の仕事とは性格が少し異なります。
ビジネスではなく、良い思いで参加していいます。

多くのファンの方々が考えているように、ものすごい金額のお金を受け取っているのでもなく
JYJを利用してプレインを広報しようという意図もありません。
(プレインは一種のB2Bビジネスをしている会社ですので
一般人に会社を知らせる必要が全くない会社なのです)

もちろん、最初にJYJというグループを支援しようと決めたのは私です。
当時を思い起こしてみると、その決定は正しいものでした。

誰が正しく、間違っているという価値観があったから、というよりは
相対的に彼らは弱者であり,
その業界の力学関係上、彼らを代弁しようという勇敢な会社がなかったのであり、
私たちは彼らに、少なくても荷物にはならない程度の力を持つ会社でしたから。

その決定をして、私は私より立派なプレインエンターテイメントチームに
真心を尽くして協力してあげてくれと言って、(JYJの仕事を担当チームに任せて)外れました。

とにかく、プレインはJYJをリードしたり、ある事を決定するだけの位置にいるのではありません。
ただ、彼らが「これをしてほしい」と頼んでくれば、力の限りその仕事を助ける程度の関係です。
ですが、その関係が高額のお金が行き来するビジネス関係に劣ることなく大切なものだといつも考えています。
そして、彼らを心から愛し
彼らを心からサポートしているCJesを尊敬しています。


P.S
側で見ていて思うのは、
CJESが善なる気持ちで最善を尽くしていて、
「いつも信じて待ってくれているファン」たちが彼らの周りにたくさんいるので
プレインがなくても
全てはうまくいくはずです。

anyway 私にJYJに関する情報を共有してくれるのはいいですが、
これはどうしてこうなんですか、あれはどうしてなんですか、と言われても私は何も言うことはできなくて、申し訳ないと告白いたします。


来週には、私が直接、ある芸能人と契約をします。
直接、マネージャーをするつもりです。
私の行動範囲が変わることになるでしょうが
その時になって、「どうして他の人の仕事をするの?」と言わないで下さいよ。








翻訳 : かずみ@韓国




------------------------------------------------------


本当に、どこもJYJの広報を担当しようとしなかった当時の状況の中で、うちがやろうと決めてくれたプレインに感謝します。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.07 (18:45) by () | [編集]
なぜでしょう…。
色んな気持ちがあふれてきて…なんだか泣けてきました。
かずみさん、貴重なお話読ませていただいて
ありがとうございます。
いつもJYJが絡むと泣いてしまうんです。
それ以外では泣く事なんてないのですが。
Posted at 2011.04.07 (21:13) by 6002 (URL) | [編集]
かずみさん、こんにちわ。
素敵なエピソードの記事を
紹介して下さって
ありがとうございます。
この記事を私のブログで
紹介させてください。
Posted at 2011.04.07 (22:25) by Kyoko (URL) | [編集]
LISA さま
コメント、ありがとうございます。

転載につきましては、「翻訳 : かずみ@韓国」まで含んでくださればかまいません。もちろん、私のブログからということは明記していただければ、ということで。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted at 2011.04.08 (01:07) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
感謝してます・・・
こんにちは、又、貴重な情報を、教えていただいてありがとうございます・・・
妨害する会社もあれば、こうやって手を、差し伸べてくださる方も、いらっしゃる本当に、有りがたいです・・・
私達、ファンも出来る限りの応援を、して行きたいです・・・
Posted at 2011.04.08 (10:07) by mariko (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.08 (22:14) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.09.22 (13:23) by () | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。