FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVEXとJYJの話

1幕東方神起の日本での活動をサポートしてくれたAVEX。韓国で、SMとだけ仕事していては絶対にできなかった活動を、日本でAVEXを通してできたことは事実です。多様なジャンルの音楽、たくさんの曲、たくさんのライブツアー、生バンドでのコンサートなど、韓国で経験できないたくさんの音楽的な経験を積むことができたのも事実です。ですから、メンバーたちにとっても日本での活動はつらい時期もありましたが、決してマイナスではなく、それこそ第二の故郷のように思っているはずです。

でも、今の現状はAVEXのJYJの活動休止宣言により、日本での活動ができない状況です。何とか日本のファンの皆さんに会いたいとチャリティイベントを企画していたら、どういう理由かわかりませんが会場側から許可した覚えはないとお知らせが出されたりして、チャリティでも活動できずにいます。

そして、計画していたチャリティイベントと同じ日に大阪の京セラドームではK-POPのチャリティイベントが行われるという情報と同時に、出演するアーティストを見て、どうしてJYJのイベントが開けないのか、もしかして、と思っていたことが、やっぱりと思ってしまうような状況です。


AVEXについて、韓国にいる立場では皆さんより知っていることなどありませんが、AVEXについてこれから何回かに分けて取り上げてみいと思います。今一度考えてみてください。


まずは、JYJとエイベックスの関係を日付ごとに簡単に整理してみます。



2010. 04. 03  東方神起(1幕)の日本での活動全面休止のお知らせ

当社所属アーティスト「東方神起」に関して発表がございますのでご案内致します。
「東方神起」としての活動を休止致します。
「東方神起」としての活動は休止致しますが、当社は類まれなる才能を持つ、未来ある若者として、今後もそれぞれ5人の活動に関して全力でサポートして参る所存です。
今後共、「ジュンス」「ユチョン」「ジェジュン」「チャンミン」「ユンホ」に関して温かく見守って頂けるよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。


韓国での活動はもう見ることはできなかった東方神起も、日本では雑誌などで表紙を飾ったり、ニューシングルを発売したりして、形はどうであれ5人の活動を続けていましたが、この日のAVEXのお知らせにより、日本でも5人の東方神起の活動はもう見られなくなりました。


2010. 04. 14 3人のユニット活動を発表 

こんばんは、Bigeast事務局です。
ジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人が、ユニットを結成することが決定しました!
3人は、新たにエイベックス・マネジメント株式会社と専属マネジメント契約し、活動していきます。
さらに、ファンの皆さまへの感謝の意を込めて、この3人による新ユニットでドームイベントを行うことが決定しました!
その他詳細につきましては、決定次第随時お知らせします。
ご期待ください!!


それから約2週後、エイベックスではJYJの3人と別途の契約をして3人のユニットをマネージメントしていくことをここで発表しました。SMは完全に3人と訴訟を進めていた時期でもあり、こうして公式的にエイベックスが3人と専属契約をしたと公表したこと自体がSMとは全く反対の行動でしたので、3人のファンとしては当時、エイベックスにとても感謝していました。韓国で活動できないでいた3人でしたから、それでも日本では今までのように活動していけるんだと思うと、エイベックスがSMと反対の立場をとってでも3人に活動する道を開いてくれたことに対してありがたく思ったものです。



2010.05.26 ジュンスのソロシングル『XIAH』発売

2010.06.05~06 『THANKSGIVING LIVE IN DOME』大阪京セラドーム 

2010.06.12~13 『THANKSGIVING LIVE IN DOME』東京ドーム 

2010.07.27 DVD『3HREE VOICES』発売

2010.08.21~22 a-nation 大阪公演参加

2010.08.28~29 a-nation 東京公演参加

2010.09.08 ミニアルバム『The...』発売

2010.09.08 DVD『THANKSGIVING LIVE IN DOME』発売





そして、3人のユニット活動の発表後には、こうして代表的なものだけ挙げましたが、ドームコンサート、DVDやアルバム、a-nationの参加などの活動を行ってきました。もちろん、ジェジュンが出演したドラマ『素直になれなくて』やユチョンのbeeTVのドラマ『Beautiful Love』の出演もありました。


2010.09.16 3人の日本における活動休止のお知らせ

JUNSU/JEJUNG/YUCHUN の日本におけるアーティスト活動を当分の間休止いたします。
日本において現在 JUNSU/JEJUNG/YUCHUN のマネジメント業務を行っている韓国法人C-Jes ENTERTAINMENT CO., LTD.の代表者が、暴力団幹部の経歴をもつ父親の威力を背景に担当アーティストを恐喝し、強要罪で実刑判決を受け服役していた、との報道につき、当社は事実関係を調査しておりました。その結果、現時点での暴力団との関係こそ明らかではないものの、その他につきましては上記報道が全て事実であることが判明いたしました。
また韓国で係争中の JUNSU/JEJUNG/YUCHUN の専属契約確認訴訟の進展により、彼らと当社との専属契約自体が無効とされる可能性が高まってまいりました。
当社はコンプライアンス重視、企業倫理遵守の経営方針から、これらの問題が解決されない限り、彼らのアーティスト活動をマネジメントするべきではないと判断いたしました。
JUNSU/JEJUNG/YUCHUN を応援してくださっているファンの皆様には、上記報道等について大変ご心配をおかけしたことについて、深くお詫び申し上げます。併せて、当社の上記判断につきまして、なにとぞご理解を賜りたくお願い申し上げます。
なお、既に予定されております商品の販売、継続中のサービスなどにつきましては、現時点で変更はございません。また、S.M.Entertainmentのマネジメントによる、東方神起5人としての当社との専属契約に変更はございません。当社は一環して申し上げておりますとおり、東方神起のアーティスト活動が再開できますよう、今後も全力を尽くしてまいります。


そして、ミニアルバムとドームコンサートのDVDが発売されてわずか1週間後、エイベックスから3人の日本での活動休止のお知らせがありました。このお知らせに書いてある理由以外にも、細かい部分での理由があるのだとは思いますが、このお知らせに挙げてある活動休止の理由は、3人のマネージメント業務を担当するCjesの代表者の実刑の経歴、そしてSMとの専属契約確認訴訟が係争中である、ということです。そして、最後にエイベックスは5人の東方神起としては、専属契約に何の変更もないとしています。



2010.09.17 3人側の公式声明発表

このエイベックスの発表を受けて、翌日の17日、3人は正式な声明を発表します。


< ユチョン、ジュンス、ジェジュンの見解 >

1) C・JeSの代表は暴力団とは関連がありません。
過去の前科は事実ですが、暴力団との関係により判決を受けたのではありません。エイベックスは東方神起3人との契約に先立ち、この事実を認知していましたし、この内容は専属契約の不履行ではないため、契約の解除や活動中止の理由になり得ません。
数ヶ月前、エイベックスはこのような理由を挙げて C・JeSを排除した契約を要請し、東方神起の3人は日本内では円滑な活動のためにこれを受け入れ、再契約の論議に誠実に参加しました。
しかし、エイベックスは既存の契約内容とは異なり、3人に一方的に不利な条件を打ち立て、これを拒否すると、C・JeS社代表の暴力団との関連を理由にし契約解除の立場を明かし、その後最終的に活動中止の通知をするにいたりました。
このような内容が論議される中でも、東方神起の3人は、ファンの皆さんとの約束を守るために、エイベックスが主管する全てのスケジュールを誠実に遂行し、円満な合意をなすため努力してきました。

2) 東方神起の3人は被害者です。エイベックスは契約の変更を強要し、東方神起の3人がこれに応じないと、東方神起の3人の意思とは関係なく、一方的に活動中断を宣言しました。
エイベックスは東方神起の3人との契約後最近まで、エイベックスが斡旋する各種のコンサート出演、ジュンスのソロシングルの販売、エイベックスに所属する歌手のプロモーションビデオの出演を始めとし、最近の3人のアルバム『The..』の発表にいたるまで、自社の収益を上げるための様々な活動に東方神起の3人を参加させました。
しかし、数ヶ月前からエイベックスは C・JeS社代表の過去の経歴を言い訳にし、東方神起の3人に既存とは異なる不利な条件を打ち出し、これを拒否すると契約解除を論じ、一方的に活動中止を通知しました。
これはエイベックスが東方神起の3人から得られる収益は得ながら、今後日本内の他のエージェントと契約できないようにして、日本での活動の通路をふさぐ措置だと言えます。東方神起の3人は、日本内での活動を中断する意思は全くなく、今回のエイベックスの発表はひとえにエイベックスのみの一方的な措置でした。

3) エイベックスはユチョン、ジュンス、ジェジュンの3人に対し、契約を休止するという報道文を発表しましたが、SMエンターテイメント所属の東方神起5人に対しては契約が有効だと明示し、論理に合わない立場を固守しています。
これに対し、ユチョン、ジュンス、ジェジュンは「このような内容を伝えることとなり、ファンの皆さんには申し訳ない気持ちです。エイベックスと円満な合意のために、誠実に対話に臨んだにもかかわらず、このような活動中止の通知を受け、とてももどかしいです。今回のことを契機に、エイベックスが僕たち3人をアーティストとして待遇していたというよりも、自社の利益の道具として利用していたという考えをぬぐうことができません」とし、「これにより日本のファンの皆さんとの出会いも約束できなくなり、もどかしいばかりです。これを解決するためには、ファンの皆さんの積極的な支持と関心が必要です。日本内での活動再開を通して、一日も早くファンの皆さんに会えることを願っています」と見解を明らかにしました。
また、今回の契約件と関連し、法律的な業務を担当している法務法人世宗のイム・サンヒョク弁護士は「自社の欲求を満たせないからといって、代表的な韓流スターである東方神起の3人の足を強制的に縛り付けるというのは非道徳的なことだ」とし、「契約内容と関連ない理由を挙げて一方的な条件での直接契約を要求し、これを拒否すると今後の活動中止を通知するのは、東方神起の3人が他のエージェントを通して活動できないようにする不当なものだ。これを必ず解決し、東方神起の3人が日本内で円滑に活動できるよう努力を傾けていく」と語りました。
<以上>

(翻訳 : かずみ@韓国)


3人側の見解文では、エイベックスのお知らせの内容に対して、1.Cjes代表の実刑の経歴は契約当初からエイベックスも知っていた事実であったし、暴力団とは何の関係もないのに(これはエイベックスのお知らせにも「暴力団との関係こそ明らかではない」とあります)取り上げていること、2.Cjesとの関係が問題であれば、Cjesを除外してでも日本での活動を続けていこうという意思があったのであり、再契約のための論議を進めていたことを明らかにしています。

しかし、エイベックスから3人としては不利な条件での契約を要求され、その契約条件を拒否すると、こうしてエイベックスから日本での活動休止のお知らせが発表されたということです。


2010.10.27 THANKSGIVING LIVE IN DOME Photo Book 発売

2010.11.06 2011 カレンダー発売

(日付はネット上で検索したもの。だいたいこの日付の前後の発売です。)

活動休止が発表されてからも、こうして3人の商品が発売されました。もちろん、これはエイベックスのお知らせにある「予定されている商品の販売」の範囲のものだとわかっていましたので、仕方ないかと思っていました。



2011.03.02 DVD『Memories in 2010』、『THANKSGIVING LIVE IN DOME』Live CD 発売

でも、活動休止のお知らせから5ヶ月以上経った今年の3月に、このDVDとドームでのライブCDが発売されました。何で今になって?と誰もが考えるものですが、やはりファンとしては気になるものです。このDVDを購入したファンの方も多いのではないでしょうか。


2011.03.07 オリコン・リサーチ㈱のオリコンチャート対象外のお知らせ

3月2日に発売のJYJのDVD『Memories in 2010』とアルバム『THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD』は、権利元および発売元であるエイベックス社側で、アーティスト活動を休止させたことからランキング公開を含む一切の宣伝・販促活動を行わないという条件の元、発売が検討されていた商品です。弊社もこの商品を心待ちにしているファンのため、また販売店を含む市場の活性化に繋がるであろうとの判断の元、異例ではありますが、この度、同商品をランキング対象外とすることにいたしました。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

それでも、ファンとしてはどれだけ売れたのか、気になるものです。チャートのランキングが人気の尺度とも言えますから。ところが、エイベックス社側からもともと宣伝・販促はしないという条件での発売だったということで、ランキング対象外にしたというお知らせ。全く理解できませんでした。だったらどうして販売したんでしょう?


この件を報道した韓国の記事には、3人側の立場を伝えるものがあります。


グループJYJのDVDとCDが日本のオリコンチャートの集計から除外され、ファンたちの不満の声が高まっている中、JYJ側は「不当な措置だ」という立場を明らかにした。
「エイベックス側がJYJの日本での活動をストップしておきながら、こういった商品の販売に対する権利は主張して利益を得るというのは話しにならない」と伝えた。
「韓国と同様に、日本でもJYJを待っているファンの方々を傷つけるような事が繰り返され、残念でならない」とし、「JYJと関連した商品が発売されたことについて、アーティスト側とは全く協議もなかった。一日も早く是正されることを希望する」と語った。

(マネートゥデイの記事より抜粋、原文 : http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2011030910232780252&type=1&outlink=1、翻訳 : かずみ@韓国)

この記事によると、JYJの3人のメンバーたちと事前にこのDVDとライブCDの発売に関する協議をせずに、エイベックスが発売したということです。

この件に関しては、ファンの間ではオリコンに集計されないということは、どれだけ販売されたのかという客観的なデータがないので、メンバーたちに精算する時にごまかすことが可能だとか、そういった話まで出てきました。これはファンが単にそういう恐れもあるという話をしただけですが・・・




私はビギストの会員ではありませんでしたので、エイベックスについてあまり詳しい事はわかりません。あくまでネット上で検索しての内容ですが、今一度確認してみてください。エイベックスが発表してきたお知らせの内容と、メンバーたちの名声文を読んでみてください。


先にも書いた通り、何回かに分けてエイベックスに関する記事を書く予定です。
(もしも、エイベックスと関連して私の記事の中で間違っている部分などありましたらコメントでご指摘お願いします。また、こういうこともありましたよ、といったこともお教えいただけるとありがたいです。)
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.21 (20:45) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.21 (20:52) by () | [編集]
いつもありがとう
かずみさんこんばんは!
JYJのこともされど、
私はファンも犠牲者だと思っています。
当初、A社の社長は、自分もファンだといいながら、ファンを利用していました(そう思わずにはいられません)
それなのに、今となっては
自分たちが犠牲者だなんて...
ファンをばかにするのもほどがあります。
A社が今やっていることは
きっと跳ね返ってくるでしょう
ファンを怒らせたらどうなるか...
きっと韓国で起きていることと
同じことがおこるやもしれませんね
悲しい思いはもうたくさんです
前を向いてひたすら3人を応援したい
そう願います
Posted at 2011.04.21 (20:56) by ノン (URL) | [編集]
こんな動画があります^^
いつもありがとうございます!
こんな動画があります。ご存知ですか?

http://www.youtube.com/watch?v=MxLpBIXHYgE&feature=share

とてもよくできていますよ^^
Posted at 2011.04.22 (00:25) by yunnin (URL) | [編集]
かずみ様、いつも情報をありがとうございます。
この流れを目の前で見てきました。
送られてくるお知らせを 驚きと悲しみと憤慨と無力の
気持ちで受け止めてきました。
今、改めて見ても 3人と日本のファンにとって理不尽な扱いと
意味のわからない日本語で一方的にやり込められたことが
腹が立ってたまりません。(翻訳機に掛けた日本語の方がまし)
その当の本人たちは 今また訳のわからないことを
呟いて、JYJペンを惑わす作戦に出たみたいですが
もうファンは騙せませんし、何を信じたいかはっきりしています。
ここまで私たちを怒らせておいて 会社の発展?は望めませんね。
コンプライアンス・・・笑っちゃいます。
危機に近付くと人間の本性が出るのでしょう。
おかげですごく遠回りをさせられていますが、
きっと3人とJYJペンは明るい未来をつかみます!ファイティン!
また 続きを待っています。
大変と思いますが、事実をしっかり見極めるためにも
是非 よろしくお願いいたします。
Posted at 2011.04.22 (00:33) by みどりいろ (URL) | [編集]
ありがとうございます
丁寧に時系列でまとめたくださりありがとうございます。
改めて読んでみると「新たに3人と専属契約した」となってたんですねー。
なんの先入観もない第3者に、この流れを見てもらいたいです。どう見ても「理不尽」という道義的なことではすまされないくらい悪質ではないかと思います。
Posted at 2011.04.22 (09:43) by bibian (URL) | [編集]
ありがとうございます^^
はじめまして!私も全部残しておけば良かった…と思っていたのでありがたいです。

あの時の経緯と自分の想いが甦ってきて、コメントが恐ろしく長文になったので一度消したくらい…今でも言いたいことが山ほどあるし、ファンにとってもそうなのだから、3人は…どれだけ心の中にそういうものを抱えながら、それでも未来を見据えて前進しようとしてるのか、わたしが彼らを心から応援する理由の一つです。

本当に、多くの人にかずみさんの記事を読んでもらいたい…特に、JYJファンを名乗りながら、a社は悪くない、と言う方々に読んでもらいたい…です。この経緯を知らずに今のJYJを正しく見ることはできないと思うから。
Posted at 2011.04.22 (10:32) by mayuchun (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.22 (11:03) by () | [編集]
はじめまして^^
私は今年になって、ゆちょんを好きになり、JYJを応援し始めました。
なので、かずみさんの記事は流れを理解するのに
本当にありがたかったです^^
もし、良かったら私のブログで紹介したいのですが…
転載しても良いか、お知らせください。
Twitterにもアカウントあります。
@yukyon0111です。
宜しくお願いします^^
Posted at 2011.04.22 (15:03) by ゆきょん (URL) | [編集]
いつも読ませて頂いてます。
avexのファン心理を悪用した物品の発売の数々、いつもながら呆れています。

かずみさんが時系列に書いて下さった事以外にも私が騙されたと一番感じたのは3人のスペシャルサイトの開設です。
2ヶ月限定で1000円のサイトでした。

高いと感じながらもそこでしか見られない動画や画像が見たかったのと、何かイベントでもあった場合に会員に有利な事があるかもしれないと思い入会しました。
私の周りも含め、結構な数の人が入っていたと思います。
ところが入会した直後にいきなり休止が発表されてしまいました。
1人1000円で何万人かの入会金。
私は完全にavexに騙されたと思いました。休止はとっくに決まっていた筈ですから。詐欺にあった気分でした。
セキュリティーが甘いのかアップされる前の画像が海外から次々に漏れて普通のブログでもどんどんアップされ、入会などしなくても全て見られる状態でした。
既に切ると決まっているアーティストのスペシャルサイトにファンを入会させる神経が理解出来ず、あぁ…avexは本当にお金儲けしかないんだ、ファンの気持ちなんてどうでもいいんだと泣きました。







Posted at 2011.04.22 (19:19) by じゅに (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.23 (01:49) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.23 (02:24) by () | [編集]
かずみさん、こんにちは。

日本でも数日前、a社M社長さんの真夜中の怒涛のツイでまた混乱してしまったファンも少なくなかったように思います。
情報があり過ぎて何を信じていいのかわからずに、時々迷路に迷い込んでしまうこともあります。
今回M社長のツイの意図は何だったのでしょう?
私が思うに、3人を元の場所に戻す為(5人に戻す)C社へのイメージを徹底的に悪くする戦略ではないかと。
仮にC社が本当に悪いのなら、どうして活動休止ではなく契約解除にしないのか。
3人を手放すことは、5人に戻る可能性がゼロになってしまう。
その最後の可能性を何が何でも実現させる為に、3人を擁護しながらもC社との引き離しに必死になっている。
じゃあ、どうしてそこまでして?
答えはたぶん5人の東方神起はa社にとって”お宝”だからでしょう。
どうしても手放したくない大事な存在。
もちろん、人間的にも5人に好感は持っていると思います。でもそれ以上にとっても魅力的な”お金のなる木”なのでしょうね。
ちなみに、こんな記事もあります。
http://www.j-cast.com/2010/05/17066681.html
先日のオリコンから外した件もありますし、残念ながら信じたくても信じられないことが多すぎますねa社は。

私も心がざわついてしまう時は、3人の笑顔や語ってきた言葉のひとつひとつを思い出しながら、自分を沈静化させています。

昨日のT副社長のツイを見て、「あっ、やっぱり5人に戻すことに必死なんだ」っておかしくなりました。
「5人の美しく歌う姿を見たいなぁ・・・」って(笑)

私だってそりゃあ見たいけれど、こんな無理やりな理不尽な方法には賛成できません。
何かもっと、誰もが納得できて気持ちよく事が和をもって治まるような、そんな方法はないものでしょうかねぇ・・。
あれば苦労はしませんね すみません。(笑)

今日明日は台湾コンサートですね。
また上がってくる動画やら写真やらに萌えながら、休日を過ごします。

やっぱり3人の存在は(私はJJペンですが)生活の原動力だし、愛しくて可愛くって仕方ないです。
Posted at 2011.04.23 (08:57) by いもぺん (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.23 (13:42) by () | [編集]
初めまして!
初めてコメントします。
かずみさんの正確で冷静な記事に感謝して見させて頂いています。
昨年の東方神起活動休止に激しく動揺しながらも、三人のドームコンに参戦し、三人の直の言葉を信じ三人を応援して来ました。
日付はさだかではありませんが、昨年夏にアメリカにレコーディングに行きましたよね。この時、あれっと思った記憶があります。
これはavexとの仕事では無く、三人の独自のものだったのです。
今ほど事情が分からずにいたので、日本活動以外はCjesaとの仕事と。
その頃Cjesとの関係がエージェント方式と言う記事を見て、少し納得しました。
そして9月にavexからの三人の日本活動休止宣言。
これから日本ペンのCjesへの不信が沸き上がったと思います。
私はエージェント方式を見ていたので、ルーマーに惑わされる事はなかったのですが、週刊誌を見て三人がCjesに騙されているとか、いいように利用されているとか、寂しい限りです。
かずみさんや正しい記事を上げて下さる方のお陰で、ずうっと三人を信じ応援し続けています。
ありがとうございます。
avexの記事期待しています!!!
Posted at 2011.04.23 (14:33) by 9250 (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.04.23 (15:28) by () | [編集]
私が一番、腹を立てているのはavexです!

韓国ではまだ契約とかシステムとか、全体的に問題があるのでしょうが、そういうことのない日本で、結託して同じことをやってしまうなんて!それも契約という足かせをつけて妨害するなんて!(専属とかマネジメントとか、この辺がややこしいのですが)他の会社と新しく契約もできない。ペク氏の前科や噂を利用して、コンプライアンスに反するなんてもっともらしい建前をつくって、結局はSMとの関係を選んだのでしょうね。しかもSMは裁判をしてるし世間に明らかに悪事を働いてますが、avexはC-jesに黒いイメージをかぶせ一方的に活動休止にしたため、自分たちに非はないという形のまま、それからのことは一般的には知られていないんです。(取り上げるのは週刊誌くらいで、いいかげんな記事)

さらにツィッターで自分たちを被害者に仕立てようとする猿芝居!笑えます。その小ざかしさ、いやらしさ…私も一瞬どういうこと?と思いましたが、本当なら会社の重要機密事項で、裏側で処理されるだろう話を、公開される個人的なツィッターでポロポロつぶやく時点で、説得力や信憑性はありません。おかしいです。もう大企業のトップがやることではありません。社長の器ではないでしょう。いまだに正当化する言い訳ばかりして、スタッフの中にも「こんな人についていけない」という方がいるんだろうと思います。

同じ日本人として恥ずかしく、情けないです。3人に申し訳ない気持ちになります。韓国の活動が制限される中、avexさえ何とかなれば、もっと彼らを助けられるのに…!!
Posted at 2011.04.24 (09:31) by Yuri (URL) | [編集]
かずみさん、ありがとうございます^^
昨年からのavexには、?????ばかりです。
かずみさんはじめ、皆さんがコメントに書かれていること、全く同じ気持ちです。
それほどコンプライアンスに不安があるのなら日本活動の停止じゃなくて、契約解除してください!!と言いたいです。
なぜそれをせずに、ツイでいいたい放題?「みんな知らないだけで、今にびっくりするよ・・今にみてな!!」ツイの内容は要するにこれだけですよ。しかも、ファンの感情的なツイをあえて選んであげているように感じますが・・?
しっかりした会社であるなら、自社のコンプライアンスに基づけるなら、きちんとした文書と場所で見解をのべたらいかがでしょう?
本当に、ウンザリです。
JYJのために、何かしたいと思っても何をどうすればよいのか?でも一人で続けている不買とbigeastの脱会!!これが、今の私に直ぐにできる表明だとおもいましたから・・本当に残念で悔しい思いでしたよ。

話は変わります☆が台北コンサート行きました。
若いファンたちがJYJに喜んでもらおうと、サプライズを一生懸命広報していました^^ 彼女たちは、カシとかビギみたいなくくりで動いたの?よくわからないですが。ただJYJに喜んでほしいって☆一生懸命走ってきて説明して、すごく爽やかでとてもうれしかった、可愛かった。
それと座席ですが、前方ではあるが舞台の両脇は観にくいですよね?その席は販売されていなかったようでした^^ 両側上側がちょうど直角三角形状態に空席になっていて、監督の心遣いを感じて、とっても感動しました。(私の思い込みならごめんなさい)
今まで培ってきた様々な音楽関係の人達とも、エンターテインメント関係者の人間関係も切れているだろう中で、過去に自分たちの作った素敵な歌も歌えない中で、本当に彼らは頑張ってきたんだと、そして素敵なかっこいいアーティストにむかっていると確信できて、オープニングに涙が止まらなくなりました。本当にかっこよかったし、楽しそうだった☆

かずみさん、お仕事一段落したら、どうかまたブログ更新してくださいね。楽しみに待っています。
問題ある発言多ければ、未公開でお願いします。
Posted at 2011.04.26 (22:22) by じぇんじぇんママ (URL) | [編集]
はじめまして m(_ _)m
検索からたどり着きました。
時系列でまとめてくださって、ありがとうございます。

2010年1月14日にソウルで
3hree Voices の撮影支援申請が承認されて
21日ごろから撮影が始まったそうですね。
( DBSK Nights 様の当時の記事より)
ペク氏が2003~2005年までマネージャーをしていたとかのサンウ氏については
その後も日本のチャリティーや寄付、ファンクラブなどの
イベントがらみの報道があったので
(真実を求めて 過去記事より)
ペク氏にまつわることをa社が知らないとは思えず
三人の訴訟に手を貸していたのでは? と思いたくなるほどです。
M社長は今はチャンミンと握手できる関係に戻れたのでしょうか?
ユノ達は1年半くらい仕事もなく利益も分けられず
急にまたバックアップされて…
複雑でしょうが割り切って達観してると思います。
韓日芸能界に振り回された若者5人が
才能を発揮できるように応援したいです。
Posted at 2011.11.27 (15:49) by すまいる (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。