FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q. SMとの訴訟審理、3人側が遅らせているの?

今現在、SMと3人のメンバーとの訴訟は、3人のメンバーがSMを相手に起こした「専属契約不存在確認の訴訟」、そしてSMが3人のメンバーに対して起こした「専属契約存在確認の訴訟」、この2件の訴訟が同時並行して行われています。ところで、この訴訟の審理を3人のメンバー側がやたらと遅らせていると信じているファンの方がいるようです。

韓国のソウル中央地方法院(裁判所)のホームページには、訴訟の進行状況について照会できるサービスがあります。この2件の訴訟について照会してみると、SMが訴状を提出した後に民事調停の申請をしたこと(不成立となりました)、そしてSM側が証人申請をしたりして審理の期日を遅らせる原因を作っていることがわかります。また、今回の審理の直前にはSMが審理の期日変更申請もしています。(受け入れられませんでしたが)



1. SMが民事調停の申請をしたことが、裁判を遅らせることになるの?

 民事調停とは、「民事上の紛争を法院(裁判所)の判決により結論づけるのではなく、裁判官や調停委員の勧めにより両当事者が互いに譲歩し、当事者の和解により解決する、自主的な紛争解決制度である」と韓国のWikipediaで説明しています。つまり、裁判はどうしても時間がかかりがちですので、調停委員などが仲介し双方が互いに譲歩して解決しようという制度です。
 さて、SMがこの民事調停を申請したのですが、この民事調停は不成立となりました。SMが3人のメンバーに対する訴状を提出したのが2010年4月12日です。ところが、そのSM側から民事調停の申請をしたのが5月19日です。1ヶ月ほどしか経っていない時点でこの申請をしたのです。SMはこの民事調停が成立すると思って申請したのでしょうか。3人のメンバー側はそれまで何度もSMに対して和解する意思がないことを表現していました。自分たちが本当に願い問題としている観点とは異なる、化粧品事業を問題の本質だと主張したり、SMはメンバーたちに対し優遇してきたと主張する内容が3人の論点とはピントが外れていて、3人側としてはSMと和解する気持ちがなくなってしまった、といったことを伝えていました。
 つまり、SMは3人側がこの民事調停を受け入れると思って申請したというよりも、こういう申請手続きをすることにより、あれこれとやって、訴訟の時間を長びかせようという意図があったのだと思われます。


2. SMの証人申請

 下に添付したキャプチャー画面を見ると、SMが3回に渡り証人申請をしているのがわかります。この3回の証人申請は全てSMの職員を証人として申請しました。SM側の証人として、自社の職員を立てるということは、いくらでも口裏を合わせることができますし、SM職員としてSMに不利な証言をするとは思えないものです。つまり、信憑性が落ちる証人だと言えますが、そんな証人を3人も申請しているのです。もちろん、SM側としては財務担当者だとか、契約当時に契約に立ち会った職員だ、として証人として適切だと主張するでしょうが、裁判官の立場からみれば、その証人たちの証言はどれだけ信じられるでしょうか。
 証人を申請し立てること自体は裁判を遅らせる原因とはなりませんが、SMと特殊な関係にある、証人としてあまり意味のない自社の職員を証人に申請し立てるということは、それだけ意味のない時間が過ぎるということです。
 しかも、1ヶ月前に決定していた審理の日程を、SM側が審理の直前になって期日変更の申請をしました(これは相手側の同意が得られなければ変更することができないため、予定通りに審理は行われました)。


以上、これまでの訴訟の進行状況を詳しく見てみると、SM側が訴訟に対して誠実かつ迅速に進めようとしているのか、疑問をもたざるを得ないほど、あれこれとあまり意味のないことを申請したりしています。


A. 訴訟審理を遅らせているのは、むしろSM側だと言えます。



下記に、ソウル中央地方裁判所の照会画面のキャプチャーを添付します。韓国のDNBN(ドンネバンネ)のSakuheraさんという会員の方が資料を提供してくださいました。




1.jpg
2.jpg
3.jpg
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.19 (22:24) by () | [編集]
こんにちは^^記事読ませていただいてます
DNBNの会員の方の記事が掲載されていたので
ちょっと気になってコメさせていただきます
最近、DNBNが3人オンリーの応援サイトだと
いろいろ暴露されてますが、韓国ではかなり問題になっているのですか?
3人を責める絶好のネタにまでなっていて、、、
そんなに韓国では情報操作とか2対3のファンの対立がひどいんでしょうか?
(日本も哀しい状況になってきてますが)
5人の東方神起が今も大好きな私には
偏った擁護は結局どちらにも足を引っ張る結果になるとしか思えない
韓国のファンの状況、教えていただけませんか?
判る範囲で、時間のある時でけっこうですから
初コメでお願い、申しわけありません、、、
Posted at 2011.01.24 (09:51) by もころん (URL) | [編集]
DNBN について
コメント、ありがとうございます。

今、韓国では5人の東方神起のファンだった人たちも、ほとんど2つに分かれた様相に見えます。以前のように5人の東方神起を応援していたファンの人たちも、今回の2人の東方神起の活動再開により、どちらかに立場を決める方が多いようです。

さて、DNBNについてですが、私の知る限り、今も5人のメンバーを応援していることに変わりはありません。アップされる内容を見てもJYJの記事だけではなく、今もユンホやチャンミンの記事などがアップされています。ただ、2人が活動を再開するまでは記事として取り上げられる回数がJYJに比べ少なかったこともありますし、DNBN自体がSMに対して不買運動をしていますので、ユンホ・チャンミンファンから見ればSMに残っている2人に対しての配慮がないと映ったのだと思います。
また、今回2人のメンバーのタイトル曲について、3人のメンバーに対する非難がこめられた曲だとDNBNの会員の人たちは感じたため、この曲に関しては個人的に応援はしてもDNBNとしては応援できないためアップロードはしない、という方針を決めたようです。
つまり、ユンホやチャンミンの個人活動についてはいくらでも応援する、という方針は変わりないようですが、DNBN自体が5人の東方神起のファンサイトとしてスタートした所ですので、2人の東方神起を応援するのか、というところから会員同士で議論があったりもしました。

結論としては、DNBNは今も5人のメンバーを応援しています。ただ、ユンホ・チャンミンのファンから見れば、SMを相手に不買運動をしたり、2人の東方神起のタイトル曲をアップしない方針を決めたDNBNは3人だけを扱うサイトになったと見えるのだけなのだと思います。

そして、一部のファンの人たちが情報操作をしたり、ファン同士での対立があったり、韓国ではかなり激しいと感じています。メンバーに対する愛情が強かった分、気持ちの行き場をなくしたファンがいびつな争いをしているようで、今はちょっと悲しい状況でもあります。
Posted at 2011.01.24 (10:51) by かずみ@韓国 (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.01.24 (18:46) by () | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。