FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セクションTV芸能通信』という番組をご存知ですか?

昨日はユチョンが出演するドラマ、『リプリー』の制作発表会がありました。ジェジュンとジュンスはもうアメリカ入りして、昨日はL.Aでの記者会見の写真もネット上で見れたりしましたよね。ユチョンはドラマの制作発表会や撮影もあり、1人韓国に残ってドラマに取り組んでいます。

さて、この『リプリー』というドラマはMBCという放送局で放映されます。韓国には地上波(空中波)放送局と一般的に言われる放送局は3社があります。

  KBS・MBC・SBS

KBSは日本のNHKのような放送局です。国民からテレビ視聴料を徴収しています。そしてKBS1チャンネル、2チャンネルがあり、2チャンネルはコマーシャルもあります。昨年『成均館スキャンダル』が放送されたのはこのKBS2でした。そして、KBSの代表的なエンタメ情報番組は『芸能街中継』です。

MBCは公営放送局です。今回ユチョンが出演する『リプリー』はこちらの放送局で放送予定です。こちらの代表的なエンタメ情報番組は『セクションTV 芸能通信』です。

SBSはソウル放送で、各地方局がそれぞれネットワークしています。こちらのエンタメ情報番組は「真夜中のTV芸能』という番組。




さて、普通新しいドラマが始まる前後には、各局のエンタメ番組で制作発表会を取材したり、インタビューするものです。ところが、昨日の『リプリー』の制作発表会にはMBCの『セクションTV 芸能通信』が取材に行かなかったそうです。






『ミス・リプリー』を無視した『セクションTV』どうして?
制作発表会・ポスター撮影現場に行かず… MBC外部の機嫌とり?




17日、MBCの新しい月火ドラマ『ミス・リプリー』の制作発表会の現場には、異色的な風景が演出された。

自社ドラマの広報のため、制作発表会には欠かすことなく参加していたMBC『セクションTV 芸能通信』(以下、セクション)が『ミス・リプリー』の制作発表会の現場には来なかった。『セクション』は最近、特別企画ドラマ『チャクペ』、週末ドラマ『キラキラ輝く』、『私の心が聞こえる』、水木ミニシリーズ『最高の愛』など、制作発表会の現場を訪ねて、主演俳優たちとインタビューを行ってきた。ある放送関係者は「朝の連続ドラマなどは省略されることもある」と語った。この関係者は「ミニシリーズの制作発表会に来なかったのは、MBCの創局以来始めてではないかと思う」とした。続いて「しかも、スター級の俳優が総出演する『ミス・リプリー』の制作発表会に来なかったというのは異例的だ」と明かした。

『セクション』のある関係者は、17日午後スポーツ韓国との電話で「数日前にイ・ダヘを集中的に取り上げたコーナーがあって・・・」とし、「取材アイテムが多すぎたからだと思う」と語った。

しかし、放送界の一角では、最近話題になった「パク・ユチョン MBC 芸能ブラックリスト説」と同じ線上の事だと慎重に主張している。最近『ミス・リプリー』は主演俳優のうち、グループJYJのメンバーであるパク・ユチョンが出演するという理由から、MBCのバラエティ番組である『遊びに来て』の渉外が不発になったことが明らかになった。続いて、自社のドラマのポスター撮影現場を慣例のように取材していた『セクション』が『ミス・リプリー』のポスター撮影現場を訪問しなかったことも後に明らかになった。「パク・ユチョン MBC 芸能ブラックリスト説」が起こった背景だ。

こうした説は、MBCでも特に芸能番組で起きている。教養番組として分類されているMBCの『気分のいい日』はこの日、『ミス・リプリー』の制作発表会の現場を訪ね、主演俳優とインタビューを行った。このため、MBCの芸能局は自社のドラマよりも大型企画社など外部の機嫌をうかがっているという非難をあびている。「芸能」はダメで「教養」と「ドラマ」はOKな理由は何なのか、疑問が大きくなっている。結局、『セクション』が『ミス・リプリー』を無視したことは、MBC芸能局が自社のドラマを無視したという印象へと拡大している。



パク・ユチョンはこの日、制作発表会でもたれた取材陣とのインタビューで、『遊びに来て』、『セクション』、KBS 2TV『キム・スンウのスンスンジャング』などのバラエティ番組で続けて出演が不発になったことについて、口を開いた。パク・ユチョンは「あまり気にしていない」と話した。パク・ユチョンは「バラエティ番組には出演したいですよ」と照れくさそうに笑った。

スポーツ韓国の記事より抜粋
原文 : http://sports.hankooki.com/lpage/entv/201105/sp2011051806034894350.htm
翻訳 : かずみ@韓国






全くおかしなものです。自社のドラマの広報よりも大切なアイテムがあったというのでしょうか。他の報道では、MBCのドラマ局の局長が芸能局の局長にドラマの広報をしてくれるようお願いし、芸能局側はそれを受け入れたにもかかわらず取材には行かなかった、という内容もありました。


ところがです。同じMBCでもケーブル局のMBC every1(エブリワン)というチャンネルで放送されたソン・ジュンギ氏の特集番組では、ユチョンやジェジュンのインタビュー映像が放送されたりしています。

ケーブル局は地上波と組織構成が異なるのでしょうが、同じバラエティ番組でもケーブルでは放送可能で、地上波では放送できないということでしょう。




それでも、あくまで私の個人的な印象ではありますが、最近はニュースなどの報道番組の中の芸能ニュースなどで頻繁にJYJのニュースを取り上げてくれたりしています。各放送局の芸能局の壁は厚いですが、段々と受け入れられている感じです。個人的にはとても希望的だと思っていますけど、どうでしょう。



右側のブログのリンクに放送局のドラマ『リプリー』の公式ホームページを追加しました。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

かずみ様、新情報ありがとうございます。
わかりやすく書いてくださって助かります。

ユチョンが明るい顔をして取り組んでいるので
まだ救われていますが、こっちの本心は歯ぎしりしすぎて歯がすり減りそうです!
まったく大人の事情っておかしすぎです。
線引きされているところが想像つくだけに、証拠をあげて罰金を請求したいくらい!

でもかずみ様が感じておられるように
少しずつ3人に綺麗な風が吹いてきているのでしょう。
3人と直接接した方々はわかってくださるでしょう。
そして彼らが真摯に明るく前向きで頑張る姿勢だけがこの先の成功につながっていくのでしょう。

それを彼らが一番わかっているし、ファンとしては時にいら立つけれど、
かずみ様のような存在に解説をいただくことで 
落ち着いてみていくことを覚えてきたように思います。

明日からはアメリカでの彼らの姿を追いかけることになりますね。
とても楽しみです。ありがとうございました。
Posted at 2011.05.18 (17:50) by みどりいろ (URL) | [編集]
はじめまして
いつも拝見させていただいてます
すごく解りやすく書いてくださって助かります
何だか腹立たしいですね 裁判も簡単には終わらせてくれないでしょうね
それでもいずれJYJを無視出来なくなるでしょう だからドラマにも起用しているんでしょうし…
3人とも本当によく堪えてますね
ありがとうございます
Posted at 2011.05.18 (22:56) by sachi (URL) | [編集]
いつもありがとう!
いつも韓国内での情報をありがとうございます。
どの局の芸能部も、あからさまな妨害行為が自身の首をしめてることに気付かないのでしょうか?
それ以上にS社の力が強大ってこと?

こういうニュースがどんどん上がってJYJファン以外の人たちにも知ってほしいと思います。
Posted at 2011.05.19 (09:50) by yon (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

かずみ@韓国

Author:かずみ@韓国
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。